海外ウェディングに呼ぶ人

海外ウェディングをしようと2人で話し合い、挙式をすることを決めた際に、悩む人が多いのが誰を招待するのかという問題です。
海外ウェディングに誰を招待するかは新郎新婦の自由ですが、日本国内のウェディングにはない問題が海外ウェディングにあることに注意しなければいけません。

まず、時間の問題です。
海外ウェディングは新郎新婦も招待された人も、どちらも日帰りでというわけにはいきません。
挙式のタイミングで、招待された人が休みでない場合、まとまった休みを確保させるような負担をかけてしまうことになります。
招待する人が多いほど、スケジュールの調整は難しくなります。

また、時間以外には費用の問題もあります。
招待された人の渡航費用や滞在費用をどうするのかという問題があります。
新郎新婦の負担にするか、招待する人の負担にするか、頭を悩ませる新郎新婦は多いです。

以上のような理由で、海外ウェディングは招待する人を限定する場合が多いです。
両親、兄弟、親族だけを呼んだ、両親、兄弟、親族、本当に仲のいい一部の友人だけを呼んだ、誰も呼ばず2人だけで挙式をしたという具合に、日本国内に比べると少人数の親しい間柄にある人だけで式を行なっている人が多いです。

このサイトでは、このページでも触れた渡航費用を誰が負担するのかなど、海外ウェディングに関するさまざまな情報を提供しています。
海外での挙式を希望している人は、参考情報としてお役立てください。



~特選外部サイト~
海外ウェディングや帰国後パーティをプランニングしている会社です > 海外ウェディング 帰国後パーティ